照陰山 西勝寺

  • 本堂

    西勝寺は、浄土真宗大谷派の寺院。光洋製瓦のある船津町で、何代にも渡り地域に親しまれている。1993年の本堂整備にあたって、宗派の意向を汲み取りながら、地域を守る寺院として威厳ある屋根を目指し葺替えを行った。古い瓦の状態を見極めながら、先人による瓦を再現するだけではなく、歴史を重ねた建物の現状に合わせた工夫を加えることで、少しでも永く建物を守ることを目指している。

  • 本堂(紋)

    大棟鬼をはじめ、稚児棟鬼・隅棟鬼・掛巴・甍巴・鳥伏間に至る全てに寺院の紋である「下り藤」を施している。また、鬼瓦に鬼面の代わりに火除けを願う鴟尾を施した特徴的な屋根となっている。

  • 本堂(向拝)

    大棟中央から流れ降りる深い向拝。その両端の隅蓋に一対の獅子を配し、大らかな屋根の広がりを感じさせている。

  • 本堂(隅棟)

    上空に円を描くような曲率に持ち上がる隅棟。四方の美しさを引き立てる一方、反り上っている地葺きに雨水が逆流しやすい箇所でもある。水の侵入を防ぐ「雨仕舞い」に、永年のノウハウと独自の工夫が活かされている。

  • 庫裏(妻飾り瓦)

    本堂と客殿に隣接する庫裏は、緩やかな傾斜の切妻屋根に袖瓦で収めたシンプルな屋根。妻飾りとして、下り藤紋と蓮をあしらった瓦を設置した。

名称 照陰山 西勝寺
所在地 兵庫県姫路市船津町4803
竣工年 1993