宇佐八幡神社

  • 社殿

    1558~69年頃に建てられた、船津町のほぼ中心に位置する宇佐八幡神社。その後、度々本殿の改築が行われ、1965年に現在の姿となった。本殿と拝殿が変則的に連結する権現造で、棟が複雑に重なる屋根の形をしている。2011年の本殿と中殿の修復にあたり、屋根の葺替えを行った。

  • 拝殿、幣殿

    拝殿と本殿をつなぐ幣殿の屋根が重なる箇所。屋根が複雑に重なるため谷が多く、雨水の流れ方と止水にノウハウが詰まっている。

  • 拝殿(鬼瓦)

    拝み巴瓦の上に載せられた東側を向く鬼瓦。

  • 拝殿(鯱瓦)

    小規模な社殿でありながら、甍巴・菊瓦・輪違瓦が収められた大棟に堂々と鯱瓦が乗っている。船津町が、姫路城のいぶし瓦を作ってきた職人の町だった証が様式として生きている。

名称 宇佐八幡神社
所在地 兵庫県姫路市船津町889
竣工年 2011